戸田市は、自治体として政策研究所(シンクタンク)を持っている、全国的にも数少ない市です。

その戸田市政策研究所はこれまでに数多くの政策を立案しており、その成果は議会での決議を経て、数多く市政に反映されています。

ところで、昨年もありましたが、その戸田市政策研究所のシンポジウム「政策開発の手法と実践2014」が3月14日金曜日に開催されます。

内容をみると、継続して大学との共同研究が続けられている「戸田市におけるシティーセールス、今後の方向性について」や、戸田市の大きな課題である「戸田市における子育て支援活動に対する相互ニーズに関する研究」について報告があるほか、市の職員が参加する研究プロジェクトチームによる発表「スマートフォン等を活用した新たな市民参加に向けての研究」があります。これは先月、埼玉県で初めての取り組みと埼玉新聞でも報道された戸田市の新しい取り組みです。

ご関心のある方はぜひどうぞ。

3月14日金曜日
13時30分から16時まで。
戸田市商工会館3階多目的ホールです。

詳しくは戸田市ホームページをご覧ください。

画像1