昨日このブログで報告した神保市長の次期市長選立候補表明ですが、本日の埼玉新聞、読売新聞、朝日新聞、毎日新聞の各紙に記事掲載されていました。

これらの記事をみて、昨日議場で神保国男市長が、「人」を重視し、戸田市ではいろんな分野で人材育成を重視していくことを強調されていたことを思い出しました。昨日の私のブログ記事ではその部分報告が抜けていました。すみません。

埼玉新聞2面

戸田市の神保国男市長は9日、市議会本会議の一般質問で「気力と体力を充実させ、来る5期目の市長選挙に立候補し、市民の皆さまの審判を仰ぐ決意であることを申し上げる」と述べ、2014年3月に予定される市長選に5選を目指し出馬する意向を表明した。秋元良夫市議(平成会)の質問に答えた。神保氏は1998年3月の市長選で初当選し、現在4期目。同選挙では今のところ、ほかに立候補の表明はない。(岸鉄夫)

読売新聞33面
戸田市の神保市長5選へ出馬表明

戸田市の神保国男市長は9日、来年3月に行われるとみられる市長選に5選を目指して立候補する意向を市議会で表明した。
神保市長は「4期16年間の経験を生かし、市民の期待に心から満足させられる姿勢運営につとめ、将来の安心を約束したい」と述べた。

神保市長は弁護士から県議に転身した後、1998年3月から戸田市長を連続4期務めている。

朝日新聞29面
神保・戸田市長5選へ出馬表明

来年3月に予定戸田市の神保国男市長は9日、来年3月に予定される市長選について「市民の審判を仰ぎたい」と述べ、5選に向けて立候補する意思を表明した。開会中の9月定例会市議会で一般質問に答えた。

神保市長は、この4年間のマニフェスト達成見込みを98%とし、「一定の評価はいただけると思う」と強調。将来へ向けた人づくり施策の重要性などを掲げ、「市民満足度の向上を目指し、持続可能なまちづくりを進めたい」と語った。

毎日新聞
画像1