本日、2020年のオリンピック開催地が東京に決定しました。

1964年にアジア初のオリンピックが東京で開催された年に生まれた私にとっては、感慨深い決定でした。

現在の日本は福島原発の問題などを抱えておりますが、私は、この新たな東京オリンピック開催によって、日本人が自虐史観から脱却し、日本人としての誇りや世界との繋がりを意識し、世界のために何ができるかを考える国際人志向が高まるような気がします。

ところで、戸田ボートコースが当時のオリンピックボート競技の開催場所となったことは戸田市民ならご存知だと思いますが、その決勝戦の様子がYouTubeにアップされています。

当時はまだ市制に移行する前の戸田町で、今とは周辺の様子も少し違いますが、面影はあります。



また、当時の開会式の様子もカラー映像で紹介されていました。開会式があった時は、私は母親のお腹の中でしたが、この開会式を両親がどんな気持ちで観ていたか、それを想像すると泣けてきます。

この映像は今観ても感動的です。



なお、戸田市がYouTubeに設けている戸田市チャンネルでも、当時の映像が「戸田ボートコースの建設」の中で少しでてきます。




現状の戸田ボートコースは、現在の国際規格に満たないため、2020年の東京オリンピックボート競技の開催地にはならないと思いますが、ここで練習を積んだ選手の方々が7年後の東京オリンピックで活躍されることを思うと、新たな東京オリンピックに繋がりと希望を感じます。