先月、兵庫県宝塚市役所に火炎瓶が投げ込まれ放火された事件を受けて、戸田市で「行政対象暴力の研修会」が開催され、本日のNHKニュースで紹介されました。

戸田市は埼玉県の市町村の中で初めて「暴力団排除条例」を制定しましたが、行政を対象とする暴力行為に対応するための研修をこれまでも行っており、行政への暴力行為に対する神保市長の毅然とした取り組みは、県内でも知られるようになっています。

行政、教育、医療、それぞれ「望ましい理想的な姿」が求められる分野では、「モンスター」といった理不尽な攻撃が起こりやすく、私もこれまでにその対処について指導業務にあたったことがあります(戸田市ではありませんが)。

本日、2分くらいのニュースでしたが、私は戸田市の取り組みに、この街に住む誇りを感じました。