個人的な話です。

かつて私が石川県で行う講座の内容づくりに活かすために、あるリーダーシップ研修を受講していた時に、三ヶ月間毎日トイレ清掃に取り組んだことがありました。イエローハットを創業された鍵山秀三郎氏が提唱されたあの清掃活動です。

研修を受けていた多くの方は各自の職場のトイレ清掃にあたる中、私は仕事がらほぼ毎週出張にでていたこともあり、清掃する対象のトイレは宿泊先のものでした。

孤独な清掃活動、最初はトイレ清掃のもつ意味がよくわかりませんでしたが、毎日繰り返す中、どうせやるのであれば何か発見してみようと思うようになりました。

すると、当たり前のことですが、ホテルによって便器の向き、形、大きさ、水の渦の作られ方などが違うことに気がつきました。

また、一心不乱に磨いていると、その曲線の作られ方に深い知恵の結晶を感じるようになりました。どこかがいびつになっていれば上手く水流も起こらないわけで、曲線に美しささえ感じました。

それから便器の進化に興味をもち、歴史を調べてみたところ、そこに人類の叡智の流れを見、また日本人の技術力の高さに感動を覚えました。

私はトイレの清掃を通して、凡事徹底、すなわち当たり前のことを徹底して行うことを通じて多くのことに気づかせていただいたのです。

ところで、ここまでは長い前置き。

昨日、私が一番気にいってる東京・神楽坂のマティーニバーガーについて書きましたが、先日、いつもハンバーガーではと、打ち合わせの時に違うお店を教えてもらいました。それはモジョコーヒーというニュージーランドからきたコーヒーショップでした。ニュージーランドではスターバックスより人気があるそうです。

画像9


画像8


そこでコーヒーを注文するとスタッフの方が目の前で淹れてくれました。

画像6


画像5


画像1


画像3


良い香りが漂いましたが、その淹れ方にも魅せられました。

この抽出用のガラス容器もよくできています。お店の方に伺うと日本製ということでしたが、カップに注ぐ時に最後の一滴まで無駄なく注ぐことができ、感心しました。

そして、その秘密は、容器の曲線の溝にあったのです。

画像7


この曲線を見た時に、私はかつてトイレ掃除研修で曲線に感動したことを思い出しました。

はい、ここで前置きと繋がったわけですが、力を上手く繋げる曲線、私たちの生活のあちこちに見つけることができます。

目に見えない曲線もあります。たとえば、歌を歌う時なんかそうですが、素人は声の出し方がカクカクしがちで、プロは声量を絞りに絞ってそこからまるで曲線を描くように大きな声に繋げていきます。

何かことに当たる時に、曲線をイメージすることで、自然にそして無駄なく最後まで力をだしきれるような気がします。

14
http://mojocoffee.jp/


◆ モジョコーヒー
  東京都新宿区赤城元町4−11



大きな地図で見る