先日、わが街の5大ニュースとして、神保国男市長が揚げられていたひとつに「中学生までの子ども医療費を無料化(平成25年1月1日より開始)を決定(6月)」がありましたが、戸田市ホームページや町会の回覧板でも詳細情報が掲示されています。

戸田市は埼玉県の中で17連続平均年齢が一番若く(平均年齢39.4歳)、子育て家庭が多いまちです。そして、神保市長は市内の保育所の拡充を初めとする子育て支援策に力を注がれ、埼玉県の中でも一番早く「地域子育て応援タウン」の認定を受けました

そんな流れの中で、今年6月に議会で可決され、来年(といってももうあと数日ですが)1月より実施されるのが、小中学生の医療費の全額助成です(但し助成されるのは保険診療分のみです)。

この度の小中学生の医療制度の改定は、

  1. 中学生の通院医療費助成を開始
  2. 小中学生の医療費助成額が全額に
  3. 戸田・蕨市内の医療機関にて、窓口払いなしで受診できる
が主な内容となります。

詳しくは、戸田市ホームページをご覧ください。

kodomoposter
(画像をクリックすると拡大表示します)