4月30日の東京新聞こちら特報部に「原子力ムラに宿敵現る 『スイシンジャー』新作動画 怪人・小出『再稼働あきれた』」という記事が掲載されました。

記事のリード文にはこう書かれています。

「原子力ムラを皮肉る内容で話題を呼んだお笑い動画「絶対!原子力戦隊スイシンジャー」の新作に、京大原子炉実験所の小出裕章助教が登場した。ムラの平和を守る“ヒーロー”たちに敵対する反原発勢力の『怪人』という設定だ。スイシンジャーたちが繰り出す原発推進論と真正面から対決している。(中山洋子)」

suishinger
(東京新聞 2012年4月30日)

動画もYouTubeにアップされていましたので、探して見てみました。

このような表現方法で、伝えるというやり方はなかなかだと思いました。

最後までみると、じんと胸に伝わってくるものがあります。

東京新聞の「こちら特報部」は、一般的な新聞と違い、横並び的な取材ではありません。私は毎日この特報部の記事を心待ちにしております。

■ 絶対!原子力戦隊スイシンジャー 異形編



また、小出助教は稼働する原発がなくなってしまうことについて、ラジオ番組でこのようにお話されています。

■ たね蒔きジャーナル(5月2日)