先日、桜のつぼみを見にいった帰りに、戸田競艇の辺りから荒川の堤防の遊歩道を通りましたが、その道に写真のような地域紹介の案内版がたっていました。

arakawakaryu30kei

写真をクリックすれば別画面で大きな画像が開きますが、よくみると、へぇ〜そうなんだ!と思うような情報もありました。

戸田市に移り住んで今年で8年になりますが、今まで何度も荒川の堤防の遊歩道を歩いていて、こんな案内が立っていることに気が付きませんでした。これは設置主体が建設省(現、国土交通省)荒川下流工事事務所なので、荒川の堤にしか設置されていませんが、このような案内板が市内にあちこちにあれば、街歩きも楽しくなるのにと思いました。

そういえば、私は大学院を出た後に就職で大阪から東京に移り住んだのですが、社会人として初めて勤務したのは、株式会社日本能率協会総合研究所というシンクタンクで、私が配属された部署では、荒川下流工事事務所の仕事を受けておりました。その時に洪水を防ぐ仕組みとして、工事事務所が荒川に設置している水門とそれを監視するモニターシステムなども受けた仕事で作成した報告書に記載されていたのを思い出しました。

あの報告書を見たときは、実は大阪から移ってきて間もなかったこともあり、荒川がどこを経由して流れている川かよく知りませんでした。まさか後年、自分が荒川下流にある戸田市を気に入って住むことになるとは、そのころはまったく予想しておりませんでした。

しかも、その後、宇都宮市の仕事を受けて、何度も埼京線横を走る新幹線に乗ったのに、戸田公園、戸田、北戸田、武蔵浦和、中浦和・・・・同じような名前が続く路線だな、といった印象しか当時は持っていませんでした。知らなかったとはいえ、すみません。

m(_ _)m