全国の有名駅弁が一堂に会して販売されるあの有名な催し「元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」が、明日12日より東京・新宿の京王百貨店で開催されます。

25)
http://keio-ekiben.cocolog-nifty.com/


インターネットでも特設サイトが設けられています。

私はこれまでに仕事で全国47都道府県全てに行きました。移動はほとんど交通公共機関、最近は講師や指導員として赴く場合が多いので、現地までは公共交通機関で移動、そして現地ではお迎えいただき車での移動の割合が高くなりましたが、それでも移動の時の楽しみは「駅弁」です。

個人的には、広島のしゃもじかきめし弁当(今年は清盛しゃもじ弁当と改名)ととろーり穴子寿司、北九州市の折尾駅のかしわめしおりお、金沢の百万石弁当、新潟の直江津駅の幕の内弁当(上杉謙信の絵が描かれている)、越後湯沢駅上毛線のほくほく弁当、高崎のとり飯、新神戸駅のステーキ弁当、等が特にが好きですが、知らないお弁当もたくさんあり、いつもチャレンジするか慣れたもの食べるか迷います。

明日から新宿・京王百貨店で開催されるこの催しは、人気店のものは直ぐに売れてしまうというすごいイベントですが、仕事の合間に足を伸ばして見て来れたらと思っています。

私自身、食べることが好きだということもあるのですが、「食」はやはり人の心を楽しくしますね。

それだけに、イベントで食をテーマにする時は、ただ出せば良いという企画にしてはなりません。食をきっかけに舌も頭も楽しませる仕掛け、わくわく感、その地域に思いをはせらせるような企画など、いろいろ考える必要があります。

この京王百貨店のイベントは、そういう企画や見せ方、お客様の関心をどう動くかを観察する良い勉強にもなりますので、もし可能な方は、足を運ばれることをオススメします。