個人的な話しですみません。

今日の仕事からの帰りのことです。

京浜東北線に乗っていて、途中から電車で前の席が空いたので、座っていたら、疲れていたのか寝てしまいました。

ふと、気がつくと赤羽駅。

あ!降りなきゃと降りたところ、自分が身軽なことに気がつきました。

え!?何でこんなに身軽なんだろう?

あれ? え!

・・・そう、車内にバソコン一式を入れていたリュックを忘れてきたのです。

サーと血の気がひきました。


急いで、事務室に駆け込んで、説明しましたが、電車が終着駅につかないとわからないとこと。

(T_T)


(; ̄O ̄)


(T_T)


気が動転すると記憶が曖昧になります。曖昧というか、自信を持てなくなります。

何号車だったっけ?

どこ行きだったっけ?


何となく覚えているのですが、本当にそうだったかと不安になります。

大事なデータが入ったパソコン(バックアップはとっています)、でも何よりも大切な母親の形見が・・・。

もし、なくなったらと気が気じゃありませんでした。

この後に行く予定先があったのですが、先方には電話して事情を説明し、待ってもらうことになりました。


赤羽駅で待つ事、25分。

終着駅・南浦和駅から赤羽駅まで連絡があり、私が申告していた場所にあった!とのことでした。

良かったぁ。

腰が砕けました。

今日はいろいろあったけど、一日の最後の方にこんなハプニングが待っていたとは。


これからは電車に乗って座れた時でも、鞄をしっかり持っていようと改めて誓いました。

でも、荷物が見つかる日本で良かったです。

それにしても、アホな私でした。