前に紹介した、大前研一さんの「地震発生から1週間 福島原発事故の現状と今後」というライブ映像の修正版が公開されていました。

その後、原発の状況や東京電力や原子力保安院のこと等がいろいろと明らかになってくる中、大前さんが地震発生後1週間の時点で語られたことがまさにそうだったと大前さんの慧眼にあらためて驚きます。

また、大前研一さんが政府に提言されたからか、その後、夏の電力ピーク時における電力使用量提言を念頭においたサマータイム制の導入や、放射能の拡散をおさえるため福島原発自体を特殊布で覆う案が政府で検討されております。

今一度、その映像をここに紹介させていただきます。




ちなみに、次の映像は地震発生後2日目に収録された映像です。あの時点で大前さんが言われていたことが、今になって政府発表になっています。

東日本巨大地震 福島原発半径20km以内の住民に避難指示
(3月13日収録)