今日9月1日は「防災の日」です。

防災は大切と思いながら、いつもは身近なチェックを忘れがちです。この機会に身の回りの防災体制を考えてみましょう。

まず、広範囲の話ですが、荒川に面する戸田市の場合、もし荒川の上流下流で堤防決壊が起こると、戸田市の堤防が大丈夫な場合でも水の被害を免れ得ません。また、関東大震災クラスの地震が起こった場合でも相当な被害が出ることが予想されます。

その備えとして、かつて各戸に「戸田市ハザードマップ」が配布されましたが、現在も戸田市役所等の他、市のホームページでも情報公開されていますので、チェックしておきたいものです。

戸田市ハザードマップ


また、猛暑につきものの「ゲリラ豪雨」の被害も、近年甚大なものになってきています。戸田市でも数年前に被害がでましたが、それを踏まえて「戸田市内水(浸水)ハザードマップ」が用意されています。戸田市ホームページで公開されているほか、図書館・郷土博物館や福祉センター等で配布されています。

戸田市内水(浸水)ハザードマップ
 
 
また、各家庭で備えて防災用品のチェックも行っておきたいものです。恥ずかしい話、私は先日、キャンプにもっていくためのものを探しているときに防災用品袋を開けたのですが、ほとんどの非情用食品が期限切れでした。期限を決めてのチェックの必要を感じました。

そのような防災用品のチェックにはこんなサイトが役に立ちます。

 ■ 防災グッズは何を用意したらよいのか全リスト

防災グッズは何を用意したら良いの全リスト

 
防災グッズチェックリスト・震災から学ぶ地震対策

防災グッズチェックリスト・震災から学ぶ地震対策
 
町会でも防災訓練がなされていますが、まずは3日間、自宅で対応できるように、備えだけはしておくべきでしょう。今日は防災の日。こんな時にあらためてチェックしてみましょう!