6月25日に戸田市文化会館で開催されたがん撲滅キャンペーンの「スター混声合唱団コンサート」については、以前このブログでも取り上げましたが、そのイベントに関して、埼玉新聞朝刊に関連記事が掲載されていました。

ganbokumetsu_saitama_20100831
(埼玉新聞 2010年8月31日朝刊)

がん撲滅事業に約166万円を寄付 戸田市

戸田市は、がん撲滅に役立ててもらおうと、がん撲滅キャンペーンコンサートの収益金166万889円を財団法人日本対がん協会県支部を兼ねる同法人県健康づくり事業団(金井忠男理事長)に寄付した。

寄付金は6月25日、市と市文化会館の共催で開催したタレントの山田邦子さん団長のスター混声合唱団コンサートの入場料の一部。芸能界やマスコミなどメディアに登場する面々が自らのがん体験を語ったり、歌ったりした。入場者1092人あった。

贈呈式は市役所市長公室で行われ、神保国男市長が宇野喜代志県健康づくり事業団事務局長に目録を手渡した。同局長は「市と市民のがん撲滅に対する熱い思いが詰まった浄財を検診の推進、啓発などに使わせてもらいます」とお礼を述べ、同事業団からは戸田市に感謝状を贈った。

(長沼敏夫)


 
コンサートの開催にあたっては戸田中央総合病院グループさんが大変力を尽くされました。私も6月25日のコンサートに行きましたが、とても感動し、また楽しむことができました。がん撲滅事業・・・最近、尊敬する方を癌で失ったばかりなので、あらためてこの事業推進に期待するとともに、戸田市・戸田市文化会館、戸田中央総合病院グループさんに感謝いたします。