先週の土曜日夜に、戸田市後谷公園で開催された「12万人のキャンドルナイト inとだ」の様子が、今日の埼玉新聞朝刊県央欄に記事掲載されていました。

私はちょうどその時刻に、地元の鍛冶谷町会の役員会があったので、参加できませんでした。あの後谷公園に幻想的な世界が広がっていたのですね。雨が降らずに良かったです。

toda_cabdole

歩道や広場に1500の光
戸田でキャンドルナイト

市民に夜間2時間(午後8時〜10時)電気の消灯を呼びかけ、地球温暖化防止をアピールする、戸田市の「12万人のキャンドルナイトinとだ」が実施された。環境省が進めるブラックイルミネーションや100万人のキャンドルナイトに賛同し、2007年からロータリークラブ、ライオンズクラブ、環境団体、地元商店会などで組織する実行委員会(土屋汎会長)の主催で行われ、ことしで4回目。

点灯イベント会場の市役所前の後谷公園では、ろうそくを浮かべたコップ1500個が周回歩道や広場などに並べられた。子どもたちや参加市民が次々とろうそくに点灯させ、光の帯や「TODA」の文字を浮かび上がらせた。市民団体の管打楽器隊の演奏もあり、約600人が楽しんだ。

この日の夜はサッカーワールドカップ日本戦のテレビ中継もあったが、神保国男市長は「テレビだけを付けてほかの電気を消すとか、いろんな工夫をして環境問題を考えながら楽しんでほしい」とあいさつしていた。

(長沼敏夫)
2010年6月23日埼玉新聞朝刊


ちなみに、昨年のキャンドルナイトには参加しました。以下は、その時の映像です。