昨日の終戦記念日、私は靖国神社に行き、英霊の方々への感謝の気持ちを捧げ、平和への誓いを新たにしてきました。

靖国神社

靖国神社に関することについては、人によっていろんな考えがあると思います。もちろん、私にもありますが、それは私自身を律するもので、他の方に強要するものではありません。また、私も人から強制されたくありません。

8月15日の靖国神社はいつもとは違う雰囲気に包まれます。いろんなイデオロギーの方がやってこられます。九段下から靖国神社までの路上ではいろいろな政治的主張がなされ、中には私自身共感するものもあります。また、靖国反対のデモ行進と右翼の衝突、警備・制止される警察官の方々の姿がありました。

靖国神社参拝の後は、毎回、展示資料館である遊就館(ゆうしゅうかん)を訪れます。この施設の見学は欠かせません。

靖国神社という現場を8月15日に体験することは、戦争と平和についての自分の考えをつくる上でとても重要だと思っています。