昨晩、とある場所に携帯電話をいれた鞄を忘れてしまいました。

携帯並びに鞄自体は今晩戻ってくるからいいのですが、携帯にしか入れてない電話番号があり、今日は連絡を取りたくてもとれなません。また朝から事務所でなくクライアントさんのところに訪問しているということもあり、外部から私にコンタクトできない状態です。

社会人になった頃は、これが当たり前だったよなと思いつつ、でもなんとなく落ち着きが悪い気持ちです。

携帯電話を持っていると、電波が届く限り連絡がつく便利さはあるものの、いつも管理されているような不自由さもあります。道具に慣らされてしまっている私を感じます。

当たり前と思っていつもは気にしていないことが、当たり前でなくなった時こそ、いつもの生活パターンを見直すときかもしれません。

たまにはこんな日があってもよいかもしれません。