6a3df454.jpg

b4b1c64f.jpg

1ac11bd9.jpg

32d05f76.jpg

610b15ec.jpg


埼玉県加須市は「鯉のぼりのまち」ですが、それ以上に「うどんのまち」として知られています。

埼玉県内では、近年熊谷市が市内で収穫した小麦を使った「熊谷うどん」で街のPRを図ったり、新座市が特産の人参をうどん生地に打ち込み「にんじんうどん」としてB級グルメ王選手権に参入したり、うどんに関して熱をいれる自治体が増えてきましたが、加須市は昔から有名な「うどんのまち」です。

羽生市からの帰りに加須で途中下車したのは昼食に加須の手打ちうどんを食するためでした。

本日訪れたお店は駅から近い「吉野家」さん。もちろん手打ちうどんです。

加須うどんが他地域のうどんと大きく違うのは、茹でたてを水でしめて冷くしたうどんを具が入った温かい汁に浸して食べる「ざる」という形式です(ラーメンでいうところの「つけ麺」です)。

今日のお店は初めて訪れたところでしたが、麺の食感やつけ汁の味など、これまでに食した加須うどんの中で一番気に入ったお店でした。

割り箸入れもレトロな雰囲気です。

羽生市での仕事の帰りにまた行きたいです。