戸田の桜も盛りを迎え、写真には撮影してはいませんが、本町通りに面する上戸田ふれあい広場の桜も見事の一言で、夜桜を楽しむ人の姿が見えました。

ところで、先日紹介した上戸田氷川神社境内には、江戸時代の名残を残すものがいくつかあります。

上戸田氷川神社
上戸田氷川神社
まず、これらの狛犬。二対で阿吽(あ・うん)と呼び合っていますが、1801年(享和元年)のもの。1801年といえば松平定信の寛政の改革の後で、古事記伝を書いた本居宣長が亡くなった年ですね。

上戸田氷川神社
その手前の鳥居は、狛犬より3年前の寛政10年(1798年)に出来たものです。

上戸田氷川神社
で、鳥居前にある庚申塔が一番古くて、1673年(延宝元年)。徳川綱吉の生類哀れみの令(1687年)や松尾芭蕉が奥の細道の旅に出た年(1689年)よりも前です。

その頃の戸田市ってどんな様子だったのでしょうね。実は私はこういう歴史や民俗、風土を感じるものを見るのが好きなのです。