b48310d2.jpg

数週間前に大事なスケジュール帳を紛失してしまい、大変困ってしまった私です。

2ヶ月先までの仕事の予定を書き込んでいただけに、真っ青でした。

クライアントさんとのメールのやり取りや記憶を辿ってなんとか予定は思い出しましたが、やはりきちんとバックアップをとっておかねばと思い、思いきってスケジュール管理にiPhoneを使うことにしました。MacBookのiCalと同期させているのでバックアップも大丈夫です。

今までやはりスケジュールはその場で手帳に書くものだと思い込んでいましたが、いざ使いはじめてみるとなかなか便利です。

まだうまく表現できないのですが、以前の電子手帳などとは全然使い勝手が違います。第一、ソフトバンクの電波の入るところではどこでもインターネット端末になりますから、調べものをしたいときにすぐできるというのは大変助かります。これでますますiPhoneが手放せなくなりました。

とはいえ、企画や発想は紙に鉛筆で書きながらやるというスタイルを守り続けています。

デジタル機器を道具として使いながら、肝心なもとはアナログ、これがいいと感じています。