昨日は朝10時から上戸田ゆめまつりでした。

まつりの様子はココママさんのブログに詳しく紹介されていますので、そちらをご覧いただくとして、私は感動した場面をちょっとだけ紹介します。

それは、ゆめまつりの中で元気で素敵な子供たちの姿が見られたことでした。

上戸田ゆめまつり

まず、ゆめまつりの開会を飾ってくれたのは、戸田第一小学校の子供たちの演奏!一所懸命に演奏するその姿が素敵でした。私はゆめまつりを紹介する「赤いうまい棒」マンに変装していたのですが、演奏前、子供たちが私の方をちらちら観て「あ!うまい棒だ」という声があちこちからあがっていたこともあり、私は演奏後の子供たちに、みんなでわけてと、うまい棒を50本プレゼントしたのです。すると、その後、30分ほどたってからでしょうか、何人かの子供たちが、会場をあちこちインタビュー紹介して歩く私のところに寄ってきて「さっきはうまい棒、ありがとう!」とお礼の言葉。 … 実はこれに感動しました。なんと素敵な子供たちでしょう!ますます戸田市が好きになってしまいました。

それからお昼過ぎに「上戸田トコトコ清掃隊」という、小学生までの子供たちを対象にした清掃ボランティアを募集したのですが、なんと!大勢の子供たちが参加してくれたのです。

最初は、ゴミ袋を持ってゴミ拾いボランティアなんて子供さんの親御さんが許してくれるだろうかと不安でしたが、集まってくれたのはほとんどが小学生低学年以下の子供たち!中には親御さんと一緒に参加してくれる子供の姿も!そして、列をつくって会場のゴミ拾いに出発すると、自発的にゴミを見つけてはビニール手袋をした手で拾い、楽しみながら会場を綺麗にしてくれました。

集めたゴミは、戸田市の環境クリーン課さんの待つ、分別ゴミコーナーに持っていき、そこで市職員さんの説明を聞いた後、みんなで10種類に分別して捨てました。

上戸田ゆめまつり

子供たちが一所懸命ゴミ拾いをしている傍らで、平気でゴミを置き捨てしたりタバコをぷかぷかふかしたりする大人の姿もあり、精神性でいえば逆転した姿も見られました。

でも、私は確信しました。こういう子供たちが元気に育っている戸田市の未来は明るい!と。 … いろんな意味で、感動と喜びのあった今回の上戸田ゆめまつりでした。準備を重ねられたスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。