先週、社団法人日本経営協会からの依頼で、大阪で講座をもつ機会をいただきました。

講座が終わり、学生時代を思い出して、阪神百貨店のスナックパークに寄ってきました。私が大学・大学院時代をおくったのは今から23年前ですが、当時の店が当時の場所で残っているのは、いか焼き屋、立ち食い寿司屋くらいでしたが、お好み焼きや洋食焼きなどの味はまだありました。

今日は大阪梅田の阪神百貨店地下1階「スナックパーク」を中心に写真紹介いたします。

大阪の光景(阪神百貨店周辺)

これは阪神でんなく、阪急百貨店前から阪急電車梅田駅に向かう通路に夏の時期に設置されるサントリーの立ち飲みブースです。私が子供の時代からなじんでいる夏の光景です(もう35年近くじゃないかな)。

大阪の光景(阪神百貨店周辺)

裏から見た立ち飲みブースです。

大阪の光景(阪神百貨店周辺)

これはその近く、JR大阪駅そばの線路の高架線下にある「新梅田食堂街」のマクドナルドです。かつては全国で一番の売り上げを誇るマクドだったと思いますが、現在はどうなのでしょう。

大阪の光景(阪神百貨店周辺)

そこからちょっと歩いて、阪神百貨店の地下1階にやってきました。阪神百貨店1階の端にスナックパークがあるのです。いきなりえらい行列ができています。

大阪の光景(阪神百貨店周辺)

列は途中で扉を出て、外にまで折れ曲がっています。

大阪の光景(阪神百貨店周辺)

皆さんが並んでまで買い求めたかったのがこれ。阪神名物「いか焼き」です。いか焼きといっても縁日で目にする姿焼きではありません。粉モンです。この写真のは玉子入りのデラックス版のいか焼き、通称「デラバン」です。通常のいか焼きは1枚140円。デラバンは200円です。

大阪の光景(阪神百貨店周辺)

ところどころ、烏賊が入っているのがわかるでしょう。

大阪の光景(阪神百貨店周辺)

こんな感じで入っています。

大阪の光景(阪神百貨店周辺)

焼きそばを焼くおにいちゃん。以前は焼きそばとお好み焼きは別のコーナーでしたが、一緒のコーナーになっています。ソースの香ばしいかおりが漂います。また、ここの焼きそばは麺があまり太くなく、コシがあります。一度食べてみてください。

大阪の光景(阪神百貨店周辺)

夕方ともなると、こんな感じで大人で溢れています。

大阪の光景(阪神百貨店周辺)

女性の姿も多いのが、阪神スナックパークの特徴です。安い、旨い!大阪のB級グルメが楽しめます。

大阪の光景(阪神百貨店周辺)

阪神百貨店内にはこんな案内板もできていました。

大阪の光景(阪神百貨店周辺)

この日は甲子園球場で試合があるということで、阪神百貨店の地下食料品売り場の各ブースにはこんな案内が掲載されています。

大阪の光景(阪神百貨店周辺)

タイガースにちなんだお菓子がいくつも売られています。

大阪の光景(阪神百貨店周辺)

こちらはタイガースのマークがはいった阪神タイガースみかさ。阪神ファンの方へのお土産にはぴったりですね。

大阪の光景(阪神百貨店周辺)

阪神百貨店地下2階の阪神電車改札付近では、阪神タイガース応援グッズのブースが売店前にできていました。おばちゃんが「これもって応援にいってや〜」と甲子園に向かう方々に声をかけられていました。

大阪の光景(阪神百貨店周辺)

これはJR大阪駅に貼られていたマナーポスターです。「ちかん あかん」の最新バージョンです。

大阪の光景(阪神百貨店周辺)

東京でもどこかにあったでしょうか。JR大阪駅から阪急百貨店に向かう間の横断歩道です。写真の中の赤い信号の右横に「15」という数字が表示されていますが、これはあと15秒で青になるという案内です。5秒刻みで減っていきます。これがないと、大阪の横断歩道は大変なことになります。

今日はこの辺で。