個人的なお話です。

私には3歳下の弟がおりまして、どちらかというと仲が良いほうだと思うのですが、関心どころや趣味やセンスは違っていて、いろいろと刺激をもらうことが多いです。私は仕事がら「好奇心」「ワクワク感」が自分には不可欠だと思っているのですが、それでもたまに「新しいものや知らないことに対する苦手意識」が起こる時があり、自分の興味のアンテナが狭まる「心の老化」が始まってしまったのかなと不安になります。

そんな時に、心に刺激を与えてくれるのが、ココママさんであったり、うちの弟であったりするのです。日頃の自分とは異なる関心事と感性をもっていらっしゃるので、なるほど!そうか!へぇ〜!…などなど、好奇心が大いに刺激されるのです(いつもありがとうございます)。

ところで、ちょっと前の話ですが、うちの弟と以前アド街で紹介された「小岩」の商店街を観てきました。人情味が感じられる商店街探訪はいろいろ発見もありますし、私と弟の共通趣味になっています。その小岩からの帰り、本屋で弟が一冊の本を買いました。

それは、「ドアラのひみつ かくさしゃかいにはまけないよ」という本でした。

なぜかプロ野球ではドラゴンズを応援しているうちの弟(私は福岡ホークスファンです)。ま、ファンだからそんな本を買ったんだろうと思っていたのですが、帰りの電車の中で読ませてもらったところ … 頭に びびびびびび と刺激が走りました。


 … この感性、面白い。


そして、自宅に戻ってから弟が見せてくれたYouTubeやニコニコ動画の映像をみて、このドアラのキャラクター設定された方の感性と才能に、頭をパシッとはたかれたような興奮を覚えました。すごいね。

???? と思われた方、どうぞこちら↓をご覧ください(アマゾンのサイトでは一部中身をみることができます)。

ドアラのひみつ