粉雪舞い散る今朝の戸田市ですが、新聞掲載記事をふたつほど。

「埼玉の自然」公募展始まる(朝日新聞)

 戸田市文化会館で「第22回私が見つけた『埼玉の自然』フォトコンテスト」の時公募展が昨日より始まったそうです(主催:全日写連県本部・朝日新聞さいたま総局 /協:エプソン販売・ニコンカメラ販売)。762点の応募があり、最優秀賞と優秀賞5点は全紙大にプリントされ、鑑賞者の目を惹き付けているとのこと。11日(月・祝)までの開催です。

郷土博物館でくらしの企画展「道具から環境考えよう」開催中

 戸田市立郷土博物館で「発見!昔の道具〜環境にやさしいくらし」と題し、企画展が開催されています。昔の生活道具から地球環境問題を考え、エコ生活のヒントになればというのが狙いだそうです。昭和20年代から現在までの生活道具が約120点展示されています。ほとんどが市民からの寄贈品で、今回は「手押しポンプのある井戸」が初展示となるそうですが、郷土博物館では引き続き「昔の道具類収集」を進めており、ブリキの手洗いである「手水(ちょうず)」や「ポンプ式噴霧器(殺虫剤アース)」の情報提供を呼びかけているとのこと。なお、この企画展は3月3日(月)までの開催です(入場無料)。

 戸田市郷土博物館
 戸田市大字新曽1707(地図表示
 TEL 048-443-5600
 開館:午前10時から午後4時30分
 休館:2月25日(月) 2月29日(金)



「ポンプ式噴霧器(殺虫剤アース)」なんて懐かしいですね。子供の頃に見た記憶がかすかにあります。たぶん小学校入学前だったような。

写真は昨日の朝に撮影した戸田市の空です。朝日が昇る前でしたが、雲が美しく色づいていました。