1月5日(土)の新聞朝刊のいくつかに「験担ぎ商戦今年も過熱」といった記事が掲載されました。

ちょうど入学試験を迎えるこの時期恒例の合格祈念グッズのことです。

もともとネスレさんの「キットカット」がこの始まりだそうです。記事では、福岡弁の「きっと勝つとぉ(きっと勝つよ)」に似ていることが受験生の間で口コミで広がり、ネスレ社が2002年にキャンペーンをしたと書かれてありました。


 … ばってん、福岡に住んどった者(もん)として「福岡弁」という言い方にはちょっと違和感があると。実際に本当の福岡弁をしゃべんなされた人はあまり知らんとばい。どちらかっちゅーと「博多弁」と呼んだほうがくさ、感覚的に合っとーとたいね〜(もしくは「福岡ん言葉」たい)。

 それにくさ、「きっと勝つとぉ」の意味ばってん、「きっと勝つよ」というのもちょっとおかしかばい。「きっと勝つと」と言ったらくさ、自分で自分に言った場合「きっと勝つんだ」ちゅー強い意志(自分に対する言いきかせ)の表明やし、相手に向かってなら「きっと勝つんだよ」という呼びかけになると思うっちゃが。まぁ、意味は通じとーけん、よかばってんくさ。


ところで、この記事が出たその日の折込広告に、イトーヨーカドーでこれら験担ぎ商品が販売されるとあったので、錦町店に足を運び、今進めているちょっとした企画のために購入しました。


まず、東ハトさんの「キャラメルコーン」ならぬ「カナエルコーン」
袋も招き猫になっています(写真はホワイトミルク味)。

「続きを読む」をクリックください)

確かにロゴも「Canael Corn(カナエルコーン)」になっています。


裏には「期間限定 願いをかニャえる!?カナエルコーン!まねき猫になったキャラメルコーン、その名も『カナエルコーン』!勉強の合間にカナエルコーンを食べて、パッケイージ側面に『カナエルコト』を書き込めば、願いがかニャうかも?頑張るみんなに、WHITE!ファイト!」と書かれています。いいですねぇ。


次は、ロッテさんの「コアラのマーチ」


なぜこれが合格祈念かといえば「コアラは寝てても木から落ちない」からだそうです。納得!


続いて、江崎グリコさんのポッキー


ポッキーを逆さに読むと「キッポー(吉報)」だからだそうです。


しかも、パッケージの内側に記載されているシリアルナンバーをつかって携帯専用サイトでゲームで当たりをだすと、上下逆さまになった「キッポーポッキーと携帯ストラップ」が当たるとのこと!


こちらは8日発売のロッテさんの「トッポ」ならぬ「トッパ(突破)」
携帯サイトから「お守りの歌」もダウンロードできるようです。


こちらは、明治製菓さんの「ウカールスティック とんかつソース味」。
この他にお守りをイメージした「ウカール」もあるのですが、売り切れでした。




クイズ付きです。こちらも携帯サイト連動型です。


こちらは、スギマル(杉丸物流株式会社)さんの「しょうが湯」ならぬ「勝我湯」。「神社だけにジンジャーが効いて」いるそうです。


ここ一番のふんばりどころ
「勝我湯」飲んで我に勝つ
我に勝って目標達成!!
祈願成就!!


ちょっと変わりどころとして
森永製菓さんの「チョコフレーク」

チョコフレークで チョコっとブレーク だそうです。


「ず〜っと勉強を続けていると、疲れて集中力が落ちちゃうよ。短い休憩を入れながら勉強しよう!」というブレークのすすめが裏面に。


最後は、同じく森永製菓さんの「天才キョロちゃんチョコボール」


「考えるときには、ぶどう糖が大事クエー」だそうで、通常のチョコボールにぶとう糖が添加されているそうです。

この他、売り切れや販売してなくて買えなかったものに、明治製菓さんの「ハイレモン」ならぬ「ハイレルモン(通常のハイレモンの3倍の量のビタミンC含有)」、江崎グリコさんの「ジャイアントコーン(ジャイアント幸運)」、ハウス食品さんの「オーザック(桜咲ック 受カルボナーラ味」、ロッテさんの「キシリトールガム(きっちり通るガム)」などがあるようです。

ちなみに、期間限定ですが、イトーヨーカドーのネットショップで、これらの商品を購入することができます。また、今年から、ファミマやエーエム・ピーエムといったコンビニも験担ぎ商戦に参入するとのこと。「さすが!」と思わせるくらい捻りのある商品の登場を期待します。