今朝の東京新聞に、戸田のニュースが2つ掲載されています。

ひとつはおなじみ「選挙セール」について(戸田の選挙セールについては今朝の産経新聞朝刊にも掲載されていました)。

もう一つは「よみがえれ『戸田ヶ原』市が希少種の再生プロジェクト」という記事です。

サクラソウやトダスゲが生い茂るかつての「戸田ヶ原」をもう一度と、かつて彩湖周辺の荒川河川敷にあった「戸田ヶ原」の再生計画に、戸田市が乗りだしたとのことです。

まずは来年3月中旬までに、彩湖道満グリーンパークとその周辺の生態系などの現状調査を行い、その後、調査結果を踏まえて再生する動植物を決めたり、再生や維持管理の方法などを検討したりするそうです。

また、来年度に全体構想案を作成する予定で、復元や維持管理については、NPO法人や市民に広く呼びかけ、協議会形式で意見を取り入れることも検討されているとのこと。


いや、なかなかうれしいニュースですね。

この記事の最後に、戸田市公園緑地課さんの言葉がありました。「戸田ヶ原再生を足がかりに、緑を増やし自然と共生する街づくりを市内全体に広げていきたい」

戸田市がますます住みやすいふるさとになりそうです。