後半は戸田競艇横の荒川堤を戸田橋に向かって進みます。



(「続きを読む」をクリックしてください)


戸田競艇の橋から臨むボート場。


朝早くから学生がレガッタの練習を行っています。


空気の冷たい時期、戸田からも富士山が見えるのです。


富士山も朝日を浴びてほのかにピンク色をしています。


荒川堤の桜並木。


桜の間からレガッタの練習風景が臨めます。


向かいのビルはジャパンエナジー。


散歩の人もふと立ち止まり、練習風景を眺めています。


次から次へレガッタがやってきます。


一人で練習する人もいれば、


4人のりの舟もあります。


車と競争


絶え間なくレガッタが続きます。


かけ声は堤の上まで聞こえてきます。


ふと漕ぐ手を休めるボートが一艘。


桜を見入っているのでしょうか。


8人のりのレガッタがきました。


休憩しているレガッタを横目に快調に飛ばして進む8人のりレガッタ。


あっという間に桜の向こうに消えていきました。


時刻は6時40分を回ったあたり。


どんどん舟が行き交います。


通勤のバイクが横を通り過ぎていきます。


戸田橋側からみた荒川堤の桜並木。


しばらくたたずんでいると自転車や散歩の方々が通り過ぎていきました。


荒川堤の桜並木は、ここが少し冷えるせいか、まだまだ枝振りがよいものが多いように思えました。


車がなくなると静寂な世界。レガッタのかけ声だけが響きます。


桜と青空と湖面につい見とれてしまいます。


そろそろ7時になる時刻。もう戻らなくちゃ。


空がきれい。吸い込まれる。


朝日に応える元気な桜花です。


少し葉もでてますが、なんのその。


まだつぼみもたくさんあります。


絶え間なく続くレガッタ練習。


レガッタは戸田を代表する風景のひとつです。


ボート場のそばの宿舎に寝泊まりし、ここから大学に通うとか。


青春ですね〜!


そろそろ、今日の桜レポートは終わりです。


ここからはもう少しレガッタの練習風景。ボート場を自転車で伴走しながら、声をかける部員さん。


やはり人数が多いとそれだけ早い。


ここが埼玉県戸田艇庫。ドラマ「レガッタ」でも登場しました。


気持ちの良い空間が広がります。


ここが起点です。はるか向こうが戸田競艇。

おしまい。