先日、本町通りのスーパーベルクスに行ったら、納豆売り場の前にこんな貼り紙がありました。しかも納豆は全部売り切れ

やはりテレビの力って大きいなぁと思っていたら、ネットでみると、番組側から大手スーパーだけに情報がリークされるなど、どうもいろいろと仕込みがあった様子。テレビ放映後、旭松食品、篠崎屋といった納豆メーカーの関連株があがっているそうです。



先の衆議院選挙の際の自民党の大勝には「情報」力が大きく寄与した、と党の情報発信を担った内閣総理大臣補佐官(現)の世耕弘成議員の著作にありましたが、今の時代、まさにこの「情報」力という能力や技法について今一度多面的に向き合わないと気がつかないうちに操作されてしまうと改めて思いました。良い方法で使えばこれほど役に立つ能力・技法はなく、そうでないやり方で使われれば怖い能力・技法でもあります。

私は学生の頃からこの「情報」力に魅力を感じ、結局なんやかんやいいながら心理学とあわせて携わってきて今日まできています。「情報」力に関わる者として、自らを戒めつつ、仕事を通じて良い方法を提供して参りたいと思います。