大銀座落語祭り今、銀座の街中では写真のような案内があちこちに下がっている。

「大銀座落語祭2006」
7月15日から17日まで六人の会が催されるとのこと。

落語が開催される、これは文化都市の要件のように思える。私自身は、桂米朝さんの落語を初めとする上方落語が好きであるが、江戸の落語もきらいではない。

落語文化を継承する若手を育てようと、まちづくりの一環としてお店や倉庫を利用してミニ寄せを企画するまちもあると聞く。

自然に文化が身近にある環境では、人は感じる心を育てやすい。長い目で考えると、まちは人の心が反映されたものだから、文化の育成は素晴らしいまちづくりに繋がるのだと私は思う。

なお、大銀座落語祭2006はホームページに案内があります。関心のある方はどうぞご覧下さい。