ガーリック・ハラペーニョソース本日、東京都港区の法務局港分室に出かけた帰りに、「NISSIN World Delicatesssen」というお店をのぞいてみた。何か面白そうなものがあるような気がしたからだ。

この 付近には大使館などもあり、お客様のほとんどが外国人のスーパーマーケットである。肉の売り場にいけば、かえる肉やうさぎ肉も売っていて(国産・値段は高 く、食用蛙の肉は3匹で1400円していた)ちょっとびっくり。また、チーズの種類も豊富だったり、見ていて少し楽しめた。

写真は、ソース売り場で見つけたハバネロソース。左から辛い順に並んでいて、「ガーリックスタイル」「ジャマイカンスタイル」「ルイジアナス タイル」という名前がついている。

裏をみると「ガーリックスタイル」は「刻んだガーリックが食感のアクセント。柑橘類やキャロット、ハバネロを贅沢に使っ たヘルシーでパワフルなソース」書いてあり、「ジャマイカンスタイル」は「カリビアンフルーツの甘い風味とガーリックの刺激がたまらないコンビネーショ ン」と書かれている。そして「ルイジアナスタイル」は「ジャズの本場ルイジアナの伝統がつまったソース」という説明が。でも、それよりも、それぞれのラベ ルが印象的で、さすがアメリカだと思った。

さぁ、本当にどの程度辛いのか挑戦だ!