55c63813.jpg先日、東京丸の内の中央郵便局隣に新しくできた「東京ビル TOKIA(東京都千代田区丸の内2-7-3)」に行ってきた。

その地下に、大阪では知らない人はいないというくらい有名なカレー専門店「インディアン」が東京初出店したと聞いたからである。

「東京から寝台特急に乗っての高松入り」
「香川での製麺所のうどん食べあるき」
「瀬戸大橋・岡山経由での京都入り」
「京都でのお墓参り」
「明石の魚棚市場での明石焼き」
「甲子園でのお墓参り」
「阪急三番街のインディアンカレー」
「なんばグランド花月での吉本観劇」
「大阪南港発新大洋フェリーでの九州新門司港上陸」
「関門トンネルを歩いて(関門海峡の地底を歩いて)下関上陸」
「列車で九州再上陸」

これらは私にとって年末の帰省の際の恒例行事だが(食べてばっかりや〜)、大阪でしか味わえなかったそのカレーが東京でも味わえる日が遂にきたのである。

もちろん直営店でフランチャイズなどではない。うれしいことに、東京丸の内店長は、阪急三番街の元店長さんだった。

12時前だったが、すでに長蛇の列ができていた。

「カレー、ルーダブルで卵つけてね」

そして待ちに待った一口を頬ばった瞬間、私は昇天してしまった。

(ノ^^)八(^^ )ノ

う、旨い!
涙がでるくらい旨すぎる (T_T)

私にとっては麻薬カレー。

あぁ、次の銀座打ち合わせの日が待ち遠しい。