e04b7757.jpg小さいころ、自分の手のひらを見ては、「て」というひらがなはここからできたんだなぁと思い込んでいた。当時は他の人の手相も同じだと思っていた。

写真は左手の手相だが実は右側も同じで、両手とも横に真っ直ぐなのである。それで右手の掌はちょうど「て」の文字になっている。

片手だけでも真っ直ぐな手相の持ち主は日本人の5%くらいだと聞いたことがあるから、両手が真っ直ぐな人はかなり少ないということだろう。

こんなことから手相に興味を持って少し勉強した。今では会話の合間に相手の手相を拝見して、ちょっと話のネタにできる程度くらいにはなった。

どんなことでも、人と違うところは強みになる。