6e872c2b.jpg高松、といっても香川県ではない。
石川県かほく市の高松である。
合併前は高松町であった。

最初に高松町を知ったのは、石川のうまい地酒にこだわった酒店「こんちきたい」さんでいろいろな石川県の地酒を紹介していただいたことによる。 このこんちきたい・越野俊彦さんは、私のバーチャルショップ道場の一期生で、かつ、道場の期間中に自力でネットショップを立ち上げられた努力の人であった。 石川のうまい地酒を全国の方に飲んでほしい、その想いと努力に心打たれた。

当時、私は石川県にご縁をいただいて2年目であったが、はずかしながら石川県のうまい酒といえば天狗舞くらいしか知らなかったったが、越野さんからおすすめいただくお酒を買い求めるうちに、石川県の日本酒の奥ゆかさに魅了されるようになった。

このこんちきたいさんのホームページで、日本酒を買った時に、高松町のパンフレットが入っており、それで高松を知ったのであった。

あれから6年。

この間に何度も能登と金沢を往復し、能登有料道路の高松サービスエリアで休憩した。

写真は夕暮れの高松から臨む日本海。ところどころイカ釣り漁船の明かりが見える。

ちなみに高松町はブドウが名産。だから、高松サービスエリアではおいしい巨峰ソフトクリームを売っており、私はいつも食べている。 また、「高松」馴染みということか「讃岐うどん」も売っている。そんな遊び心が微笑ましい。