越後湯沢駅「湯浴み」の女像北越鉄道・越後湯沢駅にて。 私が戸田市に居を移した理由のひとつに交通の便利さがある。

埼玉県内各方面をはじめ、熊谷・高崎方面、宇都宮方面、取手・つくば方面、幕張・千葉方面、何れも行きやすい。

特に私は石川県に出張する機会が多いのだが、戸田公園駅から金沢駅まで最短で4時間1分で行くことができる。大宮で新幹線、越後湯沢でほくほく線特急はくたかに乗り換えるだけなのでとても楽なのである。移動中はパソコンで仕事も出来るし、オフィスを持ち歩きながら金沢に移動しているようなものである。

写真は越後湯沢駅構内にある女性の像で、その名も「湯浴み」。
名前のように女性の足もとにはお湯が流れているが、実はこれ温泉なのである。
冬の寒い時はよくここで手を温めさせていただいた。

そんな優しさも含んだ女性像が今日も旅人たちの往来を見守ってくれている。