宇都宮駅前目玉ビル宇都宮駅前の商業ビル。宇都宮を訪れた人をひょうきんな顔で迎えてくれる。

かつて、イトーヨーカドー系列のロビンソンというショッピングセンターが入っていたのだが、その後撤退し、現在はヨドバシカメラがテナントとして入っている。私はシンクタンク研究員の時代に宇都宮市の仕事を受けて何度か宇都宮に通っていた。あの頃に比べると、中心商店街であるオリオン通り商店街を始めとする地元商業がやや元気がないような気がする。

もちろん、どこの都市も同じような問題を抱えているのではあるが、今一度、商店街の繁盛は、立地条件の良し悪しよりも個店それぞれの魅力が高まることが重要だということを見つめ直す必要があるかもしれない。

そして、魅力を高めるためには、「人・モノ・地域」の観点から自店の強みを洗いだし経営指針(経営理念)をうち立て徹底させること、主にどんなお客様に買っていただきたいか対象とする主なお客様層を明確にすること、そしてそのお客様の立場にたって考えること、等が欠かせないだろう。地域商店街、がんばれ!